【朗報】50万円を22億にしたユダヤ人、アン・シャイバーに学ぶ

お金

スポンサーリンク

アン・シャイバー、、、この名前を聞いてピンとくる人は多くないでしょう。シャイバーがいかにして巨額の富を得たか、また、その方法とは?!

アン・シャイバーの生涯

Anne Scheiber、(1893年ー1995年)実業家、慈善家

アン・シャイバーはIRSと言うアメリカの省庁で働いていました。しかし当時の女性でユダヤ人と言うだけで差別的な扱いを受けていたようで、真面目で堅実な仕事ぶりにも関わらず、昇格がなかったようです。年収もわずか120万円程で、50歳で退職するまでの貯金も50万円だったと聞きます。しかし!101歳と長寿を全うするまではまったくの無名でした彼女の残した額に一同驚愕。死後、その資産額から一気に知れ渡る事になります。

シャイバーは1893年10月1日にニューヨーク、ブルックリンに生まれ1995年、101歳でその生涯を終えました。彼女には9人の兄弟がいたと言われてますが仲良くしていた友人も少なく、生涯においても結婚をすることはなかったそうです。彼女の父は幼い頃に亡くし、母に育てられました。収入が少なかった事から若い頃より働いてたのですが、法学部を卒業後、IRSで監査人として勤める事を選んだようです。

その生活ぶりはいたって質素なものだと伝えられています。ニューヨークのアパートに住み、50歳で退職した当初は約50万円ほどの貯蓄と約30万円の年金があるだけだったといいます。在職中は税の専門家として働いていた事を生かし、その後も「市場研究」「富の蓄積」に時間をついやしたそうです。その額なんと、驚愕の約22億円!?だそうです。

そんな彼女にはこんな逸話が残っています

ある株主総会に出席したシャイバーは、出された食べ物を持ち帰りその食料を3日の間、食べたそうです。この逸話からもわかるとおおり彼女は生涯において、「倹約」「質素」は変わらなかったようです。

彼女は最後の時も、同じニューヨークのアパート、同じ服だったそうです。

シャイバーの慈善家としての業績

22億円もの富を築いたシャイバーですが、死後、そのすべてを「女性のための奨学基金の設立」にすべてを寄付したそうです。その背景はやはり若い頃に自身がユダヤ人で女性である耐え難い差別が根底にあったのではないでしょうか。

シャイバーの投資方法

今でこそ「バイアンドホールド」と聞くと知れ渡ってますが、まさに彼女のこの手法が「バイアンドホールド」だったのです。

おそらく彼女は税の仕事に携わっていたのでもともとの能力は備わっていたと考えられますが、市場を長期で研究し、税の効率化と成長企業に投資をしました。それを裏付けるものとして彼女は「生涯においてほぼ売らなかった」そうです。売らないメリットとしてはやはり手数料と税金と考えられます。売買するたびに手数料と税金を考えるとデメリットが上回ったと考えます。

【お金の考え方を学ぼう!】

おカネを生む!資産の捉え方を大公開!!
あなたの預貯金が「カネの成る木」へ変貌する後押しとなる事間違いなし!あなたの機会損失をこの記事で吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

アン・シャイバー、いかがでしたでしょうか。

若い頃に受けた差別を「見返してやる」と言う精神ではないと【株の人】DoMoNは思います。生涯22億円を生み出し、しかも、亡くなったあとにすべてを寄付と考えると本当に若い時の恨み、生前有名になりたいなどこれっぽっちも感じない生き方、生きざまではないでしょうか。

あなたがもし、人生で成し遂げる何かのヒントになればと思います。

「アン・シャイバー」でした。

【まずは、お金とは何か!?を勉強してみてはいかがでしょうか】

小学生と学ぶ、「投資」とは
投資とは何か、無駄遣いとは何か。親が説明できないお金の事を分かりやすく説明していきます。これでわからないあなたはただ貯金するだけでいいです。

【長生き、イコール時間を味方にする】

年収をあげたいなら必見!睡眠向上で人生の質もあげる
睡眠がうまく取れないと、どうしても日中の活動に影響がでます。日中の活動に影響があると仕事である本業や学業に支障がでるのはあたりまえですね。人生の質をあげたいのならまずは「睡眠の質から向上」しましょう!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました