新型コロナ感染症(COVID-19)のアプリ、COCOAのイラストを追え!

コロナ関連

新型コロナ感染症(COVID-19)のアプリ、COCOAをインストールしました。

  • 起動時のイラストが気になって仕方がありません。
DoMoN
DoMoN

【株の人】がお答えしましょう

サムネ提供元:江戸時代の新聞にあたる瓦版のアマビエ。京都大学附属図書館蔵『新聞文庫・絵』(84ページ)掲載

サムネのイラスト、最近よく見るのではないでしょうか?そう、コロナアプリ「COCOA(ココア)」の起動時に出てくるアレです。名前は「アマビエ」こちらについてみていきましょう。

「アマビエ」ってなに?

サムネの画像の文言より

肥後国(現在の熊本県)の海が毎晩光ので土地の役人が見に行ったところ、絵のような者が現れ、こう告げたと言う「われは、アマビエ。今後6年間は諸国豊穣である。もし、疫病が流行ったらわたしの絵を見せなさい」と言って消えていった。それを江戸に報告したのがこちらのサムネです。

弘化三年(1846年)四月中旬であったと記されている。

伝承なので説はいくつかある

アマビエは地域で似た話しがあり、この報告は誤記ではないか?という説もある。海のない地域では「ヤマビコ」もある。これは当て字で「天彦」や「天日子」と表す地域もある。一説によるとヤッホーのヤマビコが昔は不思議な現象と捉え、神のしわざと捉え、こういったお話しになったともいわれている。

ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる先生も書いている

水木しげるさんが描いたアマビエ=(c)水木プロ

ちなみにゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる先生もアマビエを書いてます。先生らしく手を書き添えて書いておられます。そんな水木先生の「妖怪大全」の91年度版には、「アマエビ」と書かれてます。え?アマビエでなく、アマ”エビ”?ずいぶんおいしそうな名前ですが、これは意図して変えた訳ではなく誤記だったそうです。それを考えるといろんな形で伝承が変わって伝わったのもうなずけます。

時代背景

いろんな形で描かれている、アマビエ、アマエビ、アマビコ。しかし、共通の願いは豊穣と疫病に対する恐怖です。ここで言うまでもありませんが当時は不作の年は死活問題ですし、コレラなど疫病も太刀打ちできない状態で、本当に「祈る事しかできない」状態でした。おそらくそんな極限状態で現れたアマビエ様。現代でも役割は変わっていないようです。

まとめ

いかがでしょうか

新型コロナ感染症(COVID-19)のアプリ、COCOAの起動時の画面でイラストが気になった方、たくさんいらっしゃったのではないでしょうか?わたし自身も気になって調べた内容をまとめてみました。

今後が大変気になる状況ですが、みんなで乗り切っていきたいとおもいます。個人的には欲を出さず質素に生活し、好きな本や運動をしていこうと思います。あまり浪費ぐせのある人には以下の記事も読んでいただきたいです。

【得する人になる】お金の悪い習慣から抜ける方法!
何事も強引に、無理やり変化をさせるのではなく、「ゆっくり時間をかけて導いてあげる」方が軋轢が少ないはずです。金属だって無理やり曲げると折れますが温めて柔らかくしてからゆっくり曲げ、形を変えます。
タイトルとURLをコピーしました