ジョージ・ソロス名言 6選

ジョージソロス

 

ジョージ・ソロスについて知りたいです。

  • どのような方ですか?
  • 名言をおしえてください。
DoMoN
DoMoN

【株の人】が疑問にお答えします。

イングランド銀行を潰した男との名を持っているソロス。言葉が少ないので理解が難しいですが、その一端に触れてみてください。

<本記事の内容

  • ジョージ・ソロスとは。
  • 名言集を集めました。

4000万円を運用中の【株の人】が無料で徹底解説!

はじめに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ジョージ・ソロス(英: George Soros、1930年8月12日 – )は、ハンガリーブダペスト生まれのハンガリー系ユダヤ人の投資家、慈善家。

ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。「イングランド銀行を潰した男」(The Man Who Broke the Bank of England)の異名を取る。

ソロス・ファンド・マネジメント(英語版)(Soros Fund Management)会長、オープン・ソサエティ財団(Open Society Foundations; 旧称: Open Society Institute)創設者、彼の生まれ故郷でもあるブダペストにある中央ヨーロッパ大学 (CEU) 共同創設者、Project Syndicate 出資者、シンクタンク Institute for New Economic Thinking (INET) 出資者(創設に当たり5000万ドルを提供)及び創設者の一人である。投資家および慈善家であると同時に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで哲学の博士号を得た哲学者であり、自由主義的な政治運動家、政治経済に関する評論家としても広く認められている。自身を「国境なき政治家(”stateless statesman”)」と称す。この呼称はもともとマケドニアの元首相ブランコ・ツルヴェンコフスキから与えられたものであり、それを気に入ったソロスが以来自称するようになった。

ジョージ・ソロス名言 6選

私の実践的スキルを要約せよと求められたなら、
ただ一言「サバイバル」と答えるだろう。
まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。

「市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である。

私たちの現実理解がどこまで到達できるかという点に関して限界はない。
私たちの社会は改善の余地が無限なのである

私の仮説が誤りだった場合でもしばしば利益を上げてから手を引くことができた。
私の批判的な態度が他の人々より早く自分の仮説の欠点を見抜かせてくれたからだ。
私は利益のにおいを嗅ぎつけると、
まず投資しそのあとで調査するというルールに従った

成功すれば、人は自分の考えに関心を示してくれるはず。

金融派生商品はきわめて多種多様で、その一部は極めて複雑であって、どのようなリスクがあるのかはとりわけ高度な投資家でもしっかりとは理解していないともみられる。
ちなみに私は高度な投資家の一人だとされているのだが、こうした新商品の一部は賭博を許されていない機関投資家が賭けをできるようにすることを目的に設計されているように思える

まとめ

いかがでしたか

「イングランド銀行を潰した男」ジョージソロス、さすが哲学者だけあってここにあげていないものはかなり理解が難しいものとなってます。よってウォーレンバフェットより取り上げる数が圧倒的に少ないです。最後の名言では簡単に行ってしまうと「わからない物にはてを出すな」と言ってます。株式投資を始めるあなた株式の基本は抑えてから参入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました