【衝撃】ニュートンがバツでチャップリンがマルの理由

株式投資コラム

タイトルの意味がまったくわかりません。【株の人】はおかしくなったのだろうか??

DoMoN
DoMoN

いえいえいえ、ちょっと待ってください(笑)ちゃんと説明しますから是非最後までご覧ください!

ニュートンとチャップリン

今回の話しにでる2人を紹介しましょう。

まずは、ニュートン。アイザック・ニュートンと言えば超が付く数学者、物理学者ですね。必ず「リンゴで例えられる万有引力」の話しはまさにこの方です。

方や、チャップリン。チャップリンと言えばチャーリー・チャップリンで愛称のイギリスの喜劇王、映画の黎明期に活躍した方です。

さて、まったく関係がなさそうなこの2人、しかも株のブログでいったいどのような関係があるのか、、かなりマニアックな人でないと、ほとんど関連性を見いだせないのではないでしょうか?それがあるんですよ、奥さんっっ!(笑)

チャップリンはマル

チャップリンの画像はwikiより

1929年10月、チャップリンは音楽家の友人のアービング・バーリンと食事を楽しんでいた。バーリンは音楽のみならず、株でも成功を収めていた。バーリンは食後の紅茶をすすりながらチャップリンに「きみも株をやっているのか?」と尋ねます。するとチャップリンはバーリンに「わたしは株式投資からは手を引いたよ」と答えたそうです。さらに続けてチャップリンは「儲かっているうちに手を引くべきだよ」とバーリンにアドバイスしたところ、バーリンは「君はアメリカを空売りする気か!」と怒り出したそうです。

そう、株式に詳しい人ならば最初に書いた年代と月ですでにお分かりだと思う。チャップリンは「暗黒の木曜日」の前に自身の株式をすべて売却済みで、バーリンは大損失を受けたそうです。

猫も杓子も、素人も株の話しをし、買いあさる時期にチャップリンはピークを感じたのでしょう。熱狂とはわかりにくいのですが、いつか覚めることを感じていたのではないかと思います。このサイトやツイートでも書いてますが「人の行く裏に道あり花の山」の格言を地で行くストーリーではないでしょうか。

これを読むとチャップリンはテクニカルと言うよりは、肌で感じる「ファンダメンタルズ」に強かったのかな。さすが、舞台で観客の空気を読むことにたけていたのか?

ニュートンはバツ

ニュートンの画像はwikiより

おそらくね、チャップリンの話しを読んでくださったあとなので、こちらの答えは想像つくと思うのですよ。想像通りかは、、ゆっくり答え合わせしていきましょう

ニュートンはすでに実績があり自然科学、数学や物理学を駆使した「数字のスペシャリスト」(どころでなく、超天才)です。現代で言うテクニカル指数なんてお手の物、完璧な数字による裏付けによる、、はずだった。。

教え子の推薦で晩年はイギリスの「王立造幣局長官」に就任。給与も2000ポンド(現在の価値で約4千万円)であった。そんなニュートンですがご多分に漏れず「南海会社」と言う会社に投資をしてました。もちろん最初は儲けておりました。時より利確や買い増しを繰り返したそうです。理由は当時の時代背景もあるが中流階級の資金がだぶついていて、南海会社はイギリス国債を請け負う資格を受けた事を皮切りに「南海会社の株が上がり続けた」のです。

しかしながら南海会社の政治家への賄賂が発覚!!、投資家の不満が一気に爆発、投資の世界では有名な「南海泡沫事件」(なんかいほうまつ事件)へと発展したのです。(すこし感が鋭い方はこの漢字で予想がつくと思いますが「泡沫=バブル」の語源と言われています(諸説あり)

【以下はwikiに記載がある南海会社の当時のチャートです】

 

この時、ニュートンは約2万ポンド(現在にして4億円)の損失だったと言われております。

ニュートンも最初は堅実だったのでしょうが、チャップリンと逆で計算は出来ても「熱量に踊らされた」のでしょうね。

2人の天才の明暗

2人の天才は時代が違うとは言え、株式投資で明暗を分けました。【株の人】はファンダメンタルズとテクニカル指数(チャート)を78:22の法則で株式投資を考えてます。よってどちらが良い、悪いのではなくここで言いたいのは「株式投資は、買いも売りも、ファンダメンタルズで読むか、テクニカル指数で読むかハッキリと哲学を自分の中で持っておく」事だと考えます。

いろんな書物を読み、株式投資の哲学を自分の中で持てはぶれる事はない、のです。

まとめ

いかがでしょうか

世にも名高い2人の偉人が株式投資をしていた事がまずビックリだったのではないでしょうか?それだけではなく、それぞれこういった結果の持ち主でもあるのです。あなたは何を信じますか?

株式投資に興味を持ったなら、松井証券で口座を開こう

株式投資の始め方① | 『こころ構え』から『口座開設まで』
株式投資初心者、または別に松井証券に口座を開こうとしてるあなた。松井証券ひと筋の当サイト【株の人】DoMoNが投資へのココロ構えから解説までを徹底追及!これで開設できないようであれば投資はあきらめてください。

 

タイトルとURLをコピーしました