ガソリンスタンド店員が億の資産を残した話

お金
DoMoN
DoMoN

ロナルド・リード氏をご存じでしょうか?

スポンサーリンク



ガソリンスタンド店員が約10億貯めた話

ロナルドの職業

ロナルドはアメリカのバーモント州でガソリンスタンドの給油係をし、次にJCペニー(アメリカの百貨店的な店)の清掃員として一生を終えたと聞いてます。そんなロナルド、お世辞にも「給与が高い職に就いている」とは言えませんね。おそらくこれを読んでくれているあなたより稼いでいない可能性が高いです。

ロナルドの生活スタイル

けち、なのか倹約家なのか、、今となってはわかりませんが彼はぼろい服を着ていたそうです。また、駐車場も街から少し離れた無料のところへとめてから歩いて移動したそうです。【株の人】DoMoNの自慢を含めると!?わたしは車を持ってないです。理由はほぼ税金の固まりである車にこだわりがないからです。ハッキリ言って運転リスク、保険、税金を考えればタクシーと交通機関で十分ですし、むしろタクシー代の方が安いです。しかも常に免許書はゴールド(笑)。ある自動車のマーケターが言ってた言葉があります。「私たちの車はミンクのコートや高級腕時計になってしまった」と。あなたはこの意味わかりますか?車を保有しないわたしにはすぐにわかりました。CMでかっこいい車がほしくなる人や、古いクラシックカーが欲しい人は車としての機能ではなく「そのステータス」が欲しいだけになってしまってるのです。

収入減と倹約家である事がわかりましたが、どうして生涯10億がたまったのだろうか??

ロナルドの趣味

ロナルドの趣味は「図書館通い」だったと聞きます。しかも、その図書館では株の研究がメインだったそうです。おそらく図書館で本を読み(インプット)実際の市場で株式を購入(アウトプット)していたのでしょう。

ロナルドの投資スタイル

ロナルドの投資スタイルは言わずもがな、長期投資だったそうです。一旦買ったら売らず、配当と収入、倹約で得た資金を本のみで学習し情報を得て投資をしていたそうです。同じ長期投資なら以前書いた「ユダヤ人、アン・シャンパー」もまったく同じスタイルでした。

ロナルドの投資成績

スタンドの収入と倹約で得た資金から約10億円にしたことを考えれば何十倍、何百倍にしたのは想像しやすいですが、90以上銘柄を持っていたようですが、実際は以下が主な銘柄だったようです。

ロナルドから学ぶ教訓

イソップ童話「アリとキリギリス」を知らない人はほぼいないでしょう。しかし、それを地でいく人は実際知らない事が多いし、できてない人がほとんどです。最近の日本はキリギリスが多い気がします。それは不測の事態だったとは言え、コロナが証明してしまいました。倹約がすべて正しいとはいいません。派手な(ばえる?)生活も否定する気はありません。しかし、それを理由に困ったとたん人を頼りにするのはいかがなものかと、も思います。

アリさんとまではいかなくとも、「困った時でも個人レベルで大丈夫な筋肉質な家計」を目指してみてはいかがでしょうか。

株式投資の始め方① | 『こころ構え』から『口座開設まで』
株式投資初心者、または別に松井証券に口座を開こうとしてるあなた。松井証券ひと筋の当サイト【株の人】DoMoNが投資へのココロ構えから解説までを徹底追及!これで開設できないようであれば投資はあきらめてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか

ロナルドの死後、遺産は通っていた図書館に寄付されたそうです。

信じるか、信じないかは、あなた次第です。

タイトルとURLをコピーしました