【朗報】成功するには皆、スタミナが足りない!

お金

何をやってもうまくいかな、長続きがしない

DoMoN
DoMoN

残念ながらそれが普通です。であればみんな成功しています。が、それで終わらないのが【株の人】DoMoNです。成功するかしないかの分岐点を見ていきましょう!

結果をすぐに求める

例えば、ランニングや筋トレをして「すぐ走れるようになる」や「すぐムキムキになれる」と思ってる人がどれほど多い事か。結果をすぐに求めるあまり、結果がでな自分に嫌気がさして自然消滅、、良くあるのではないでしょうか。気持ちはわかります。しかし、すぐに結果が出るのであれば「誰でもプロ」「誰でも痩せられる」のではないでしょうか?それでは世の中にこれほど「痩せる機械やサプリなどで回りません

本塁打868本を打った王貞治さんの言葉を借りれば、

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」

あなたのその努力、努力ですか?

【株の人】DoMoNは「スタミナ」を提唱します。根性論も含まれますがスポーツや経営、ブログ運営、ツイッター集客は「スタミナ(やり続ける)」の大切です。その理由を本記事では書いていこうと思います。

時代とマッチするまで

例えば、極端な話しスマホを原始時代にもっていったとします。電波もない、供給できる電源もないのであれば、おそらく「火」より役にたたない機会となるでしょう。このように時代より早い(遅い)事によりヒット商品になるかならないか、大きな違いがでます。しかし、時代を追うとそうなりますが、長い間生き残る事によりその時代の分岐点に立ち会う事によりヒット商品になれる可能性があります。

細く長くその商品を売り続けられれば時代にマッチする事がありえるのです。

最初売れると思っていたが売れず、最後の頃、爆発的人気になった商品はたくさんあります。時代背景によりその商品が売れるのは唯一性もありますが、作り続けた歴史と言う「スタミナ」がなせる業でもあります。

絶版寸前だったチェキなんか、良い例ではないでしょうか。

チェキ、なぜ廃番寸前から国内外で人気沸騰?偶然重なり価値再認識、一部で必須アイテムに
カメラといえば今やデジタルカメラ(デジカメ)を指す時代。そんな時代に、なぜかアナログのフィルムカメラが売れている。富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ in...

実は周りから「スタミナ切れ」で脱落する

チェキの例を出しましたが、インスタントカメラなんてたくさんありましたよね。でも後期までやってたのはやはりチェキでした。また例を1つ、これはスポーツ選手に賛同をよく得られるのですが、【株の人】DoMoNは学生時代、陸上競技をしてました。最近ではボクシングですが、ボクシングなんてまさに「スタミナ」のスポーツです。

スタミナが切れて動けなくなったら、、もう言うまでもないですね。好きなところに打ち込めます。特にレベルが上がり体重が同じ、実力拮抗なら最後はスタミナが切れた方が負けなのです。

2019年の年末にあったガクト(GACKT)さんのスタミナ事件!?覚えてますでしょうか。

「スタミナを...」「スタミナが...」「スタミナの...」 RIZIN登板も不評のGACKT、「ボクは要らない」と解説者引退宣言
格闘技の祭典「RIZIN.15」のゲスト解説をつとめたミュージシャンのGACKTさんが、一夜明けた2019年4月22日インスタグラムで「今後解説席に座ることはもうない」と宣言した。「RIZIN.15」は21日にフジテレビ系で放送されたが、GACKTさんの解説についてインターネット上では酷評が相次いでいた。「引退宣言」を...

ぶっちゃけ、【株の人】DoMoNから見ると何も違和感がなく、すんなり入って来る話しだったのですが、「世間的には、スタミナ、スタミナ」と言うガクトさんをわかってもらえなかったのでしょう。確かに、プロなら戦いきるスタミナ持っていてあたりまえ、と思いますが、戦術や実力差がある場合、簡単に「意図的に相手のスタミナを削る」事も可能なのです。

やりきるスタミナ(情熱、パッション)も必要ですし、耐えるスタミナもまた必要なのです。

成功者が持っている1つの要素
皆様は「情熱(パッション)」と聞いてどう思うでしょうか?自分とは無関係めんどくせぇ暑苦しいとおっしゃる人がかなり多いのではないでしょうか。正直、わかります。理解できます。普段から楽(らく)をして儲けたい、や、おれには(わ...

スタミナは長くも短くもなる

勘違いしてほしくないので1つ書きます。でもここはとても伝わりにくいので何度か見て欲しいのですが、スタミナというもとは物理的な耐久度だけではなく、人の心次第でも変わってきます。ここれはある程度根性論も含めますが心理的には説明がつくので記載します。

まず、3日坊主、、おそらく痩せたいからランニング、筋トレを始めても3日でやめる人がいると思います(と言うかほとんどがそう?)それは本当に痩せたいと願っていないからです。「いやいや、おまえ、おれのことをしらないだろ?」って言う人がいます。確かにしりませんが、原始より脳の作りが変わってない以上ほぼ当てはまります。人は必要に迫られないと本気でやらないのです。

例えば、小さい水槽に閉じ込められ水入れらたらどうします?本気で水槽壊さないと死んでしまいますよね。または例えば車が港に落ちて車から脱出しなければならない状況になったら、本気でガラス壊そうとしますよね?あれと同じなのです。「思い」と「願い」は違い、その環境にも行動が左右されるのです。

本気で続けたい、なりたいものがあるのなら「必然的にスタミナがつく」のです。

「思い」ではなく、強く「願う」

1つ考え方の違いをお伝えします。これはいろいろな心理学の本に載ってるのですが、あなたが喫煙者だとして、

・タバコ辞めてますので(辞めている最中)

・タバコ吸いませんので(すでに非喫煙者)

どちらが意思が強いかわかりますか?答えは後者です。

前者は「辞めてるから吸わない」と言う、喫煙者寄りの回答です。それに対し、後者は「非喫煙者だから吸わない人の断り方」で自分はすでに辞められてそっち側の人間ではない事を示しています。なので、意思の弱い方は違っていても後者の言い方をし、自身の認知的不協和を意図的に作り出すのが良いでしょう。

ちなみに、【株の人】は「ボクシング始めました」ではなく「ボクサーです」(だからボクシングの練習しないと変で気持ち悪い)と脳に意図的に指令を出してます、笑。

成功者が持っている1つの要素
皆様は「情熱(パッション)」と聞いてどう思うでしょうか?自分とは無関係めんどくせぇ暑苦しいとおっしゃる人がかなり多いのではないでしょうか。正直、わかります。理解できます。普段から楽(らく)をして儲けたい、や、おれには(わ...

結果、生き残りは成功者となる

例え早く走れなくても、周りが脱落していくのであれば結果、あなただけが残り、その分野での成功者はあなた、と言う事になります。これは特にボクシングのような1対1の対戦の場合は顕著に出ます。ビジネスのように1対多だとずば抜けた存在ではないかもしれませんが、そこそこ食べていけるようにはなります。わからない人には例で、街のクリーニング屋さんを見てみましょう。例えば10件あったとして市場規模がそれほど変わってないのであれば増えたり減ったりします。しかしビジネスとして上から何番目などの位置にいるのであれば、ある程度の利益で継続が可能なのです。1番にならないと稼げない業界なのか、何番目かでも稼げる業界なのかわかっていれば、スタミナの使い方もわかってくるはずです。

(スタミナと環境の変化については次回、記事にしていこうと思います)

ここでもう一度、王さんの言葉を思い出す

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」

おそらく諦める人が大半で、人生の後半に後悔する人がほとんどなのではないでしょうか。ですが、確かにホームラン王にはなれないとしても野球が好きならば「形を変えて野球にたずさわり続けるスタミナ」は備わるはずです。ブログでも動画配信でも、ライターでも応援でも、、、

【株の人】DoMoNは今でこそ言い訳ですが、若い頃に辰吉選手や畑山選手の世界戦を田舎でTVで見てました。ボクシングやりたいな。。と思ってましたがジムもない田舎ですからと諦めてました。しかし、畑山選手のように本当にやる気があったら数千円握りしめ、親の静止を振り切り、状況してたはずです。でも、やらなかった。いま、仕事をしながらジムに通ってますが、若い時にならプロに、選手にと言わないようにしてます。今、できる事をしっかりやり、人生の楽しみにしてます。

人生は終わるまでわからん!

以前、こういったツイートを見ました。

ハッキリ言って、これを見てるあなたはまだ若い!(はず、笑。。)

まとめ

いかがでしたでしょうか

成功だけが人生でなく、また、失望だけが人生でもないと思います。あなたが道(みち)を究めるのに早い、遅いはなく、若い時の思いを残していくのではなく、いまから始めましょう。

スタミナはあなたの熱量次第です。

成功者が持っている1つの要素
皆様は「情熱(パッション)」と聞いてどう思うでしょうか?自分とは無関係めんどくせぇ暑苦しいとおっしゃる人がかなり多いのではないでしょうか。正直、わかります。理解できます。普段から楽(らく)をして儲けたい、や、おれには(わ...
タイトルとURLをコピーしました