【株で損をする人の考え方】株に勝てますか思考からの脱却

株が始められない人へ

はじめに

株の勝ち、負けとは何でしょうか。おそらく上がったら勝ち、下がったら負けと考える時点ですでにギャンブル思考から抜けだせていません。株をギャンブル化してる時点で勝てませんので別の視点で思考ができるようお手伝いしてまいります。

株の1勝は野球の1勝と違う

まず、野球で1勝は1点差だろうが10点差だろうが1勝でしかありません。しかし株の場合、9銘柄でトータル1,000円下がっても、たったの1銘柄で10,000円上がっていれば儲けが発生してるのです、わかりますね?

株は孫子的思考が勝る世界

孫子の兵法が書かれたのは紀元前500年ごろ、中国の春秋戦国時代。1対1の戦争そのものよりも周りにつぶされないための『生き残り戦略』(負けないための戦略)を13編にまとめた書物と言われ、2500年以上経った現在でも愛される書物です。理由は勝つための戦略ではなく、負けないための戦略だからです。とてつもなく退屈ではありますが、とてつもなく本質をついた書物なので時代時代の戦国時代にあいされ、日本でも愛用されております。

そんな孫子ですが、わたしは18年以上『株式市場で退場しなかった理由』は孫子を学んだからだと思っております、市場での生き残り戦略を実行し続けた結果です。

勝つ秘訣はない、負けない方法はある

普通のサラリーマンが普通の給料でこつこつ投資し現在では約4千万円を運用するまでに至ってます。なぜか。負けない戦術を取り続けているからです。必勝法があるならもっと早くリタイヤしてますが、負けない戦術を採用しているので与沢翼さんのようにぶち抜いてはいません、笑

では、負けない方法とは?

時間を味方につける

時間を味方につけると以下が可能になります。

  • 配当の再投資で複利戦術
  • 株主優待で生活コストを下げる
  • 株価が上がた下がったにこだわらない。

たったのこれだけです。広告でよくある『ここから急騰!』や『〇〇で勝てる!』とは別次元で地味ですが、これが事実です。しかもこういった広告と違い当サイトでは現実を直視し、正確な情報を無料で発信していくのが役目としてます。

まとめ

いかがでしたか

株以外でも絶対に勝てる方法があると言うかたツイッターでDMお待ちしております。なぜなら成功者も失敗を重ね今の成功があるのです。地球上にいる限り勝ちだけで人生を終えられるかたは皆無です。負けを受け入れつつ勝ちをもぎ取り結果プラスに持ち込める戦術を学びましょう。

長期投資の「仕組化」に興味がある方はこちら

タイトルとURLをコピーしました