成功者が持っている1つの要素

お金

皆様は「情熱(パッション)」と聞いてどう思うでしょうか?

  • 自分とは無関係
  • めんどくせぇ
  • 暑苦しい

とおっしゃる人がかなり多いのではないでしょうか。

正直、わかります。理解できます。

普段から楽(らく)をして儲けたい、や、おれには(わたしには)関係ない、と、当事者意識が低い生活をしてる人はそうでしょう。しかし、このページを見てくれた人は「そこから抜け出したい」または、「成功したい」と思ってる人はそう思っていても「それではだめだ」とすでに気が付いている人だと思います。

成功者が持っている「情熱(パッション)」についてみていきましょう。

情熱(パッション)が消えていく理由

恥ずかしいは敵(ドリームキラー)

ここで1つ例をあげます。わたしは大学の時に留学しましたが、「留学が初めての海外」でした。ぶっちゃけ日本にいる限り英語を「話す」機会などほぼゼロです。なので自分が英語をしゃべるセルフイメージがありませんでした。だから、英語を話す自分が恥ずかしい、、と心の中で思っていました。おそらく英語を学び始めてる方は「文法間違ってるのでは、、」「発音がおかしいかも、、」など、間違いを気にしすぎて一歩を踏み出せないでいるのではないでしょうか?ものごとをすべてスマートにこなしたい、と、言う気持ちはすごくわかりますが、そこに時間を費やすくらいならぱっと間違って心の中で「あ、これ間違ってるのか」くらいでさっさと正しい情報を外部から引き出しましょう!ドリームキラーは外部だけではなく、内部にも潜んでいるのです。

この例からもわかるように成功者は情熱を暑苦しいものや、話すのが恥ずかしいと9割の人が思っていることを「微塵も考えてません」むしろ、夢に向かって情熱を傾け突き進む自分に陶酔すらしています。外部や内部の恥ずかしさに目もくれず、夢や情熱(パッション)を語れれば、あなたも成功者への道が開けます

【合わせて読みたい記事はこちら】

ウォーレン・バフェット名言 26選
『オマハの賢人』ウォーレン・エドワード・バフェット、彼の名言から投資判断を決定付ける投資家は数多くいます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目標1

まずは、夢や情熱(パッション)を語れるようになれ!

現代教育の問題

義務教育はシステムとしては素晴らしいと思います。しかし、同時に問題点も多いと思います。まずは教育の起源に触れてみたいと思います。

皆様は現代教育の起源は何か?と聞かれた場合、答えられますか?おそらく教師でも答えられない人がいるかと思います。

現代の教育の起源は「古代ギリシャ」と言われております。しかしながら古代ギリシャの教育は現代と異なり「国家が定めた教育を義務的に行ってはいません」でした。具体的に、教育とは「教育者が哲学を持ってその哲学を学びたいと言う生徒の集まり」なので「国家が押し付ける教育、ではなく、自由教育」なのです。

自由教育ですから、先生どうしが切磋琢磨し高めあう世界なので「教職を取ったから先生」と言う成長のないシステムではないのです。ですから、生徒もより優秀は教育者へ集まり、自由な発想が生まれる土壌があったのです。

現代教育が100%悪いと言うわけではなく、カオスから安定が生まれる事があっても安定からカオスはなかなか生まれにくいのは想像しやすいのではないでしょうか。

会社員は安定してますし、そちらの方が社会全体として多いですが、成功者やお金持ちは「そちら側ではない」し、教育的に情熱(パッション)を潰しやすい環境であるならば、考えなおした方が良いかもしれません。

目標2

現代教育は必要だが、教育の後半は自分の情熱(パッション)に耳を傾ける

情熱(パッション)が続けられるかの分岐点

おそらく、あなたの夢、情熱(パッション)をあきらめる事を考える時も来るでしょう。理由は金銭的な問題や、成功しないのではないか、という不安。

マネタイズは必ず必要

お笑いコンビのキングコング西野さんをご存じでしょうか。最近ですと絵本作家として世界に向けてのエンタメでご活躍されてます。そんな西野さん、絵本作家としては型破りな事をしてきております。それを例に見ていきましょう。

既存のシステムを因数分解する

通常、絵本はヒット商品が出ない物として出版業界では通例でした。しかし西野さんはそれを根底から覆しています。それらは彼へのインタビューやブログ、YouTubeなどで理由が読み取れますがざっくり解析していきたいと思います。

まず、絵本は「体験が引き継がれる作品である」と西野さんは分析しております。例えば昔からある「ぐりとぐら」や「モチモチの木」など何十年も前からある絵本がいまだに売れているとおっしゃってます。理由も述べていて「読むお母さんがその内容を知っていて、子供に話すからまた次もそうなる」とおっしゃってました。お母さんはお金が限られるので「絵本でも外せない」とのことでした。確かに、絵本を立ち読みして「すべて理解して買う」とは考えにくいですね。

システムの再構築

その仕組みを西野さんは再構築しております。

絵本など著作にかかわるものを「すべて無料で公開」したのです!?もちろん他方からの批判はとてつもなかったとおっしゃってましたが、それが逆に先に述べた現状を把握し、それに適した行動をとる事によって成功を収めたのです。

要は「お金が先ではなく、体験を先にしお金を後にする」と言うマネタイズを少しずらす戦術を取ったのです。

【西野さんのYouTubeチャンネルはこちら】

西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】
キングコング西野亮廣がオーナーを務める、国内最大のオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の公式YouTubeチャンネルです。

目標3

情熱(パッション)は大事だが、継続可能な仕組みもまた同じくらい大事

結局は情熱(パッション)があれば行動する

情熱(パッション)があるから行動する

当たり前ですが、野球にサッカー、ボクシングの世界チャンピオンになるマンガ家になる社長になる。「海賊王にオレはなる」でも、何でもいいです。なりたいという結局情熱(パッション)があれば。

行動から情熱(パッション)も生まれる

脳科学的に、「行動から思考をつかさどる」ことは数百年前からわかっています。わかりやすい例で言うと「パブロフの犬」ですね。

簡単に説明すると、犬に餌を与える時に必ずベルをならします。これを続けると犬は「ベルが鳴っただけで餌をもらえると思いよだれをたらす」という心理実験です。

要は、行動する事によって脳がだんだんそのなりたい自分の目標を作っていく事も可能なのです!(ビックリでしょ?w)

好きなら努力ではなく結局情熱(パッション)だ

努力にフォーカスを当てた話しも耳にしますが、それも間違いではありません。先述の通り最初は苦痛な行動でも、パブロフの犬になりえますし。しかし、最初から好きな事なら努力でもなんでもないんですよ。例えば、スマホです。フェイスブックやツイッター、インスタグラムなど「つい見てしまうもの」ってありますよね?それって苦痛で見てる人はいないでしょう。何気なく、さくっと見てしまいます。情熱(パッション)がそうなった場合、あなたの完全勝利は近づきます!

【合わせて読みたい記事はこちら】

ジム・ロジャーズ名言 16選
ジョージソロスと違い、若干『泥くささ』『人間くささ』があり、蝶ネクタイがおしゃれなジムロジャーズ。おそらくはじめて株をやる人に最適で、投機をする人は勝てない印象をもつのではないでしょうか?これから伸びる人には『あとでやる』『めんどくさい』は厳禁です!

目標4

面倒ならそれは情熱(パッション)ではない

勘違いしてほしくない情熱(パッション)

よく、情熱(パッション)をテンションやモチベーションとイコールに扱う人もいます。これも気持ちはすごくわかります。成功者は意識高めで熱く語りますから。でもそうではなく、先ほど書いたスマホの例と同じで成功者は結局、高いレベルで普通にやってるのです。

ドラゴンボールで例えると、セルゲームの時に、悟空と悟飯が「スーパーサイヤ人の時は少しイライラするから、それをなくす修行」から始めました。意識は高く、心は凪(なぎ)がまさに理想的です。

【やってはいけない習慣はこちらの記事でチェック!】

貧乏人に共通する口癖、特徴、トータル 14選
貧乏は悪ではありません。ノマド生活の中で立派な方が多いのもまた事実。しかし、貧乏で卑屈になる人もいます。もし環境のせいだったり、他人のせいにしてるようでしたら危険信号!まわりのお荷物にならいために見てください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

成功者が持っている1つの要素、情熱(パッション)にフォーカスをあててみました。あるTV番組の名前にもなるくらいですから、いまさらわたしがブログで書くまでもないかもしれませんが、あまりに情熱(パッション)を恥ずかしがる若者、年配者が多すぎるので書いてみよと思いました。情熱(パッション)をもっていれば成功しないまで人生が楽しくなるのではないでしょうか?

成功者が持っている情熱(パッション)まとめ

  1. まずは、夢や情熱(パッション)を語れるようになれ!
  2. 現代教育は必要だが、教育の後半は自分の情熱(パッション)に耳を傾ける
  3. 情熱(パッション)は大事だが、継続可能な仕組みもまた同じくらい大事
  4. 面倒ならそれは情熱(パッション)ではない

【合わせて読みたい記事はこちら】

いつも続かない、あなたへ-自己啓発家 9選-
メンタリストDaiGoさん、キンコン西野さん、ひろゆきさん、ホリエモン、鴨頭さん、マナブさん、トニー・ロビンズ、ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)、メル・ロビンズ

 

タイトルとURLをコピーしました