【議決権は〇〇すべき!】議決権の権利を行使すべき、〇〇な理由

株式投資コラム

はじめに

株主総会の時期になってきました。2020年はコロナ感染症の影響でだいぶ違った形での開催になっているようです。例えばお土産がなくなり出席するよりネットなどの投票をおすすめする傾向のようです。さて、今回はそんな中、『議決権』についてお話してまいります。

議決権とは何か

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

株主の議決権(かぶぬしのぎけつけん)とは、株式会社の社員である株主が、提案された議案に対して、賛否を表明し、株式会社の意思決定に直接に関与する権利。株主総会とは株式会社の基本方針を定める場であることから、株主の議決権は、株主の権利のうち共益権のひとつであり、経営参加権ともよばれる。

と、言うことなのです。・・・・・。簡単に言うと『会社のオーナーなので方針に対し”Yes””No”が言える』のです。

株式の保有数で声の大きさが違う!?

とは言っても、たくさんの株主がいます。そんな中、個人投資家は弱小です。1最低単位が1票なので例えば最小購入単位が100株を200株保有しているとあなたは2票もっていると同義になります。

議決権が一票二票で意味あるの?

選挙と一緒でそんな数を投票したところで意味があるのか。意味と言うよりは影響力は確かいに低いです、しかし、最低単位でも持っていることによって「好きな会社の株主総会に参加できる」のです!わかりますか?例えばガンダム好きがバンダイナムコの総会に出席し、質疑応答で「ガンダムのカードゲームを作って欲しい」など『経営者に直接声をかけられる』のです!これってすごくないですか?ちなみにわたしがバンダイナムコの総会に出席した時はナレーターがアムロの声でした、笑。。

アムロの声で財務諸表を読み上げられるとなんだか不思議な気分でした。

少額とは言え出資者です。

あとはやはり、配当金額に不満がある場合や株主優待の拡充を目指すならやはり議決権で賛成、否決をハッキリ出しておいた方がいいです。声が上がっていないと経営陣は『このやり方で大丈夫なんだ』となり、しまいには配当がナシと言うことになりかねませんので、賛成、否決は毎回表明しましょう。

まとめ

いかがでしたか

『議決権を行使すべき理由』わたしはお互いのメリットになります。

  • 経営者側の手綱を株主が握り
  • 株主は自分の投資に見合った果実をうけとる

そう考えると出席しなくてもはがきで出すべきかと思います。

タイトルとURLをコピーしました