日本の投資環境を良くする、たった2つの方法

お金

みなさま、こんにちは。緊急事態宣言下、どのようにお過ごしでしょうか。さて、コロナ禍において行き場を失った資金が株価に集中しております。日経平均も約30年ぶりに3万円台を回復。持つもの、持たざるものの格差が広がる一方です。そんな日本の投資環境について見ていこうと思います!

株式投資を始められない理由

理由はいくつかあります。損をしたくない難しそうなど。これは昔から今もまったく変わってません。しかし、米国では低所得者でも株式投資をしているが、日本ではそうでない理由はいったいなんなのでしょうか?

2つの不利

【株の人】DoMoNはたった2つだけだと思っております。この2つの足かせがなくなるだけで日本の投資環境は劇的に良くなると考えます。

100株単位の購入制限

通常、日本で投資する場合は購入単位が決まっております。100株単位での購入です。

例えば、1株3千円の株を買おうと思ったら、x100なので30万円からになるのです!いきなり30万円を準備しなくてはならないのでは敷居が高くなるのは当たり前ですよね。最近では1株から買える所もありますが、手数料が高すぎてあまりおススメはしません。

ちなみに、米国では1株からが普通で上記の例だと1株30ドルなら1株から買えるので30ドル(約3千円)で初めての株デビューが可能です。

たった年2回の配当

長期投資には安定した配当が欠かせません。これにおいても配当の支払いは年に2回がほとんどの企業です。(実際にはいくつか年4回出す会社はあります)長期投資で複利の観点から考えると良い環境とは言えません。

複利に関しては、以下も合わせてお読みください!

【株で絶対に勝てますか?】について答えます
「株にどうしたら勝てますか?」の質問は何十年たっても変わりませんし、答えもありません。答えのないものに執着するのは人間ですがこの際、難しい事は置いておいて、まず、読んでみてください。納得するも、しないも、あなた次第です。

しかし、またしても米国ですが、こちらは配当が年4回でる企業がほとんどです。上記のサイトの表にもある通り、複利において2回か、4回かでは圧倒的に差が生まれます。

結果

正直、この2つを取り除く事で日経平均5万円もあり得ると【株の人】DoMoNは考えてます。

日本の投資において「初期資金が多く必要な事は、圧倒的に不利」で参入障壁になっております。金額が大きいので当たり前に最初に書いた通り「損したくない」の気持ちが大きくなります。例えるなら、100円ショップなら「まぁ、いいか」となる心理と全く同じです。

これは日本の株式市場の仕組みを作った人には是非見ていただきたいですが、一般の利用者からすると「現況を乗りこなす」しかありません。

現状、株式を始めたい人はこちら!

株式投資の始め方① | 『こころ構え』から『口座開設まで』
株式投資初心者、または別に松井証券に口座を開こうとしてるあなた。松井証券ひと筋の当サイト【株の人】DoMoNが投資へのココロ構えから解説までを徹底追及!これで開設できないようであれば投資はあきらめてください。

まとめ

いかがでしたか

いま、2021年、3月14日現在、ファーストリテイリング(ユニクロ)の株を買おうとしたら1千万円が必要です。これはおかしすぎる話だと【株の人】DoMoNは思います。(ここでは言いませんが)あきらかに黒い意図が見え隠れします。

金利操作のみならず、可能な限り参入障壁を引き下げる努力が必要なのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました